不動産投資ローンを組むことで得られるメリット

>

不動産投資ローンとは?

住宅ローンと投資ローンの大きく異なる点

住宅ローンと不動産投資ローンの最大の相違点は「借入する目的」と「返済の元となるモノ」です。
住宅ローンは主に戸建てやマンションなど自分たちが住むために不足分を補うためにローンを組みます。
利用する際に、返済の元となるのが毎月の収入です。
会社員だと毎月の収入は安定していると思うので、よっぽどのことがない限り借入は可能です。

一方で不動産投資ローンはマンション・アパート経営をするための不動産物件を購入するためのローンです。
不動産経営からの家賃収入が返済のもとになります。
その経営自体が安定した家賃収入を得られる可能性のある物件であれば評価は高く、借入に有利になります。
反対に家賃収入が見込められない物件であれば、借入は厳しくなるでしょう。

審査基準も異なる

住宅ローンを借りる際の審査基準は個人の信用になります。もし連帯保証人や連帯債務者がいる場合はその人も対象になります。
見られるところはその人の勤務先や年収、あとは勤続年数や転職の有無、属性など個人に関するものや、過去のカードや別のローンの経歴なども見られます。

一方で、不動産投資ローンは個人の信用も重要にはなりますが、それに加えてその投資物件がどれだけ収益があって、担保があるのかどうか、ということです。
その人がどんなに年収が高かったり、属性が良くて信用があったとしても、不動産に収益が見込めなかったり、担保力がなければ借入は厳しくなります。
万が一、ローンを滞納されても資産価値があれば、その物件を担保として回収できると判断されるためです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る